何歳くらいから目元ケアを始めればよいのでしょうか?

目元のトラブルは老化と切っても切り離せない関係にあります。そのため老化が深刻になる前、できるだけ早い段階から対策をはじめておくことが望ましいわけですが、具体的に何歳くらいから、となると自分で判断するのは難しい面もあります。

目元ケア開始の目安は20代後半から保湿対策、30代前半から本格的なケアへ・・・

目元ケアの年齢

肌の老化は目の見えないところから始まります。シワやシミといった老化がもたらすトラブルが現れる頃にはすでにかなり老化が進行している状況なのです。ですからトラブルが気になり始める前、つねに一歩先を行く形でケアをしていくことが望まれます。目元は皮膚が薄く老化が急速に進行しやすい傾向があるだけにとくのその点が重要です。

 

まずひとつの目安となるのが30歳前後です。30歳を境に角質層に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していきます。その結果捕逸力が低下し、水分をうまく溜め込み続けることができなくなってしまうのです。

 

さらに保湿成分が失われ、水分が蒸発しやすくなると角質細胞の構造そのものに乱れが生じ、外部からの刺激から肌を守るバリア機能も低下してしまいます。皮膚が薄い目元の皮膚はこの保湿成分の減少がもたらす老化の進行が急速に進んでしまいがちなので要注意、20代後半くらいから保湿対策をスキンケアに取り込んでいくようにしましょう。

30代からは保湿だけでなくターンオーバーや紫外線対策も必要になる

30代前半〜半ばくらいに入ると本格的な目元ケアも求められるようになります。保湿成分の減少だけでなくターンオーバーの乱れや角質細胞の老化が進行していくようになるため、それを防ぐためのケアが必要になるのです。この段階で適切なケアを行っておかないと早い段階でシワやシミができてしまいます。

 

保湿対策をしっかり行っているのに目元のハリがなくなりつつある、くすみや血色の悪さが気になり始めた、といった問題が見られるようになったらエイジングケアをメインにした目元ケアをはじめましょう。この段階で目元専用の美容液を導入するなど集中的なケアも選択肢にはいってきます。

 

まずは20代後半に保湿対策からスタートし、30代前半から本格的なケアをはじめる。これが一般的な目元ケアのパターンでしょう。ただ肌の老化や乾燥には個人差がありますから、30代に入ったら自分の肌の状況をこまめにチェックした上でタイミングを見計らうことも大事です。

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使いたい目元ケア化粧品

POLA B.A ザ アイクリーム

50代アイクリームBA

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
更に詳しく見てみる!>>

ファンケル 無添加アイセラム

ファンケルアイクリーム

コスパ抜群!目元口元にふっくらハリを生むファンケルの高保湿美容クリーム
約90回分1,800円・税込み(初回限定・お一人様1セット1回限り)(アクティブコンディショニングEX化粧液2包・乳液2包・速攻リフトアップマスク2包付。無くなり次第終了)
更に詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

50代アイクリームアテニア

目元の3大エイジングサインに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
更に詳しく見てみる!>>

目元とまつ毛のご褒美

50代アイクリーム

目元の保湿とまつ毛の育毛が同時にできる@コスメでも話題のアイクリーム
4,700円・税別/定期初回980円(2回目以降3,700円)税別
更に詳しく見てみる!>>