なかなか消えないクマの解消方法とは?

クマは一度できてしまうとなかなか消えないものですが、その理由にはそもそも原因を把握していないばかりに適切な対策ができていないケースが挙げられます。クマの解消ではその点をまずはっきりさせたうえで自分に合った解消方法を決めていくことが大事なのです。

クマは色によって原因が異なるのでそれぞれに適したケア方法が大事

50代アイクリームクマ解消

まずクマの色を確認しておきましょう。黒さが目立つ場合には血行不良かたるみが大きな原因です。

 

たるみの場合はたるんだ皮膚が陰を作ってしまうことで黒くなってしまっている状態、つまり肌の色が変化したわけではないのでハリ・弾力を改善していくことが第一です。最近肌にハリがなくなっているな、という方はまず目元周辺のハリ対策をしっかりと行っていきましょう。

 

コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体やレチノールといった成分をスキンケアで補い、バランスの取れた食生活を心がける、目の周辺の皮膚を動かしている眼輪筋という筋肉を鍛える表情筋トレーニングなどがお勧めです。

 

血行不良が原因で生じるクマは世間一般で「目の下のクマ」と呼ばれるものです。老化だけでなく疲れているときにもよくできます。これも皮膚の色が変化したわけではなく皮膚の下の血液の色が変化したことで生じるものです。

 

目の下の皮膚は薄いので血管の色が透けて見えるためこうした現象が起こりえます。対策はもちろん血行の改善。マッサージで血流の改善を心がけるほか、ストレス対策やホルモンバランスの調節も心がけましょう。

茶クマはメラニン色素の沈着が原因なので美白ケアで改善できる

50代アイクリームクマ解消

とくに50代は更年期の影響でエストロゲンの分泌量が減少している影響で血行が滞りやすくなっています。日ごろからしっかりと対策を行っておきましょう。鉄分やシトルリン、エラスチンといった血行不良の改善に役立つ成分を食事やサプリメントで摂取するのもよい方法です。

 

皮膚の色が変化してクマができてしまうケースもあります。茶色をしているのが大きな特徴でシミと同じくメラニン色素が色素沈着を起こしてしまったのがおもな原因です。

 

改善していくためには美白対策が重要で、美白成分が配合された美白化粧品をスキンケアにうまく取り入れていきましょう。ただ目元は皮膚が薄く刺激に敏感なので肌に合った美白化粧品を選ぶのが大前提です。あとは紫外線対策とターンオーバーの活性化。こちらもスキンケアでうまく行っていきましょう。

 

あとは老化と糖分の過剰摂取によって生じる糖化という現象で生じる黄色いクマができることもあります。こちらは解消が難しく日ごろのエイジングケアでの老化対策が重要になってくるので心がけておきたいところです。

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使いたい目元ケア化粧品

POLA B.A ザ アイクリーム

50代アイクリームBA

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
更に詳しく見てみる!>>

ファンケル 無添加アイセラム

ファンケルアイクリーム

コスパ抜群!目元口元にふっくらハリを生むファンケルの高保湿美容クリーム
約90回分1,800円・税込み(初回限定・お一人様1セット1回限り)(アクティブコンディショニングEX化粧液2包・乳液2包・速攻リフトアップマスク2包付。無くなり次第終了)
更に詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

50代アイクリームアテニア

目元の3大エイジングサインに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
更に詳しく見てみる!>>

目元とまつ毛のご褒美

50代アイクリーム

目元の保湿とまつ毛の育毛が同時にできる@コスメでも話題のアイクリーム
4,700円・税別/定期初回980円(2回目以降3,700円)税別
更に詳しく見てみる!>>